ページの先頭へ

HOME > 施工実例 > デザイン リフォーム & オーダーメイド キッチン,収納,家具 (一戸建て)

デザイン リフォーム & オーダーメイド キッチン,収納,家具 (一戸建て)

相模原市の築30年の一戸建て内装デザイン リフォームの実例

家族が集える空間を設けることと、キャビネットなどの収納家具をなるべく置かないことをテーマにプランニング。

2Fには家族が集えるファミリースペースを設け、デスクと収納を造作し、LDKにはお子様用のワークデスクを造り付けました。
ウォークインクローゼットは家族全員が共有できるよう面積を大きくとりました。

建具にチェッカーガラスを採用するなど、内装は可愛らしさがありシンプルなデザインとなっています。


オーダーメイド家具と照明プランを重視

内装デザインに合わせて、キッチンやTV台、洗面台などはオーダーメイドでデザイン製作しました。

壁面のアクセントには天然石やエコカラットを採用し、間接照明で演出もされています。

明るく開放的に改善されたダイニングキッチン

オーダーメイドで製作したキッチンから臨むリビングダイニング。

リビングエリアとダイニングエリアにはもともと間仕切り用の4枚引き戸があり、ダイニングとキッチンが閉鎖的になり、太陽の光を遮っていました。
今回のリフォームでダイニングキッチンを明るくするために、間仕切用の引き戸を取り払い、開口部の高さを上げて太陽光がより多く取り入れられるようにしました。


アーチの壁でデザイン

太陽光を取り入れる開口部はLDKのアクセントとなるように、綺麗なアーチを描く壁に造作しました。


キッチンからリビングダイニングが見渡せる

キッチンに立ちながらダイニングからリビングまで見渡せるため、お子様から目が離れることが少なくなります。

LDK リフォームプラン提案時3Dパース

リフォームのプランを提案させていただく際、お打合せの資料として3Dパースにてデザインを確認していただいています。

図面などの平面的なものではお施主様が仕上がりをイメージすることが難しいと思いますので、3Dパースにてデザインを確認していただきます。

完成写真との仕上がりを比べてください。

温かみのある明るいキッチン

明るくなったダイニングキッチン。

今までは薄暗く、寒々しかったダイニングキッチンでした。
リフォームで太陽光を取り入れる設計にし、照明効果を改善させ、温かみのある明るいダイニングキッチンに仕上げました。


リビング学習ができるオーダーメイドの勉強机

窓側にはリビング学習ができるように、お子様用の勉強机をオーダーメイドで製作しました。

カウンター部にはそれぞれの照明スイッチとLANの差し込みを設けてありますので、PCなどの配線の際に配線がゴチャゴチャになりません。

オーダーメイドでデザイン製作したため、表面の素材などもキッチンと同じものを採用することができるため、ダイニングキッチンエリアで統一されたデザインとなっています。


壁に書いたり貼ったりすることができる

キッチンとの境の壁面にはマグネットが付く特殊塗料を塗装してあるので、一時的に貼り付けたいものでも画びょうなどの穴を開けずに済みます。
また、マグネット塗装の後にホワイトボードマーカーで壁面に書くことのできる塗料で仕上げています。

家族への伝言など自由に書き消しが可能です。


細部へのこだわり

ダイニングからキッチンへの入り口の床面には、床材の見切り部分をやさしい印象を与えるようにアール形状にし、ひと手間加えてあります。

アール形状の床

キッチンとダイニングの床材は異なる素材を使用しました。その見切った部分をアール形状にし、ひと手間加えました。
手間がかかりますが、細部まで拘ります。

ダイニングキッチン リフォーム前写真

太陽光が奥まで届かず、薄暗く寒々しい空間でした。

ダイニングキッチン リフォームプラン提案時3Dパース

デッドスペースを収納に

リフォーム前は収納スペースが無かったダイニングエリア。
新しく新設した収納スペースはデッドスペースとなっていた階段の下の空間を利用。

ダイニングの入り口はチェッカーガラス入りの建具を採用。入り口建具、収納建具ともにウッドワン製。
一番奥のパントリー入り口建具は既存に化粧シートを施し、統一感がでるようにリメイクしました。

ダイニング リフォーム前写真

リフォーム前はダイニングで使うものを仕舞っておく収納がありませんでした。

おしゃれなリビングダイニングのアーチ

ダイニグキッチンへ太陽光を取り込める大開口のアーチが存在感を主張。
リフォームで間仕切り用の引き戸を撤去したことにより、リビングとダイニングに一体感が生まれました。

リメイクにより輝きを取り戻した建具

化粧シートを施したリビングの入り口建具はガラスをチェッカーガラスへ交換。ダイニングの新規建具との違和感がないように仕上げました。

既存の建具をリメイクすることでコストを抑えることも可能です。

リビング リフォーム前写真

リフォーム前はリビングとダイニングの境に間仕切り用の引き戸があり、開放感の妨げになっていました。

自由設計が可能なオーダーメイド家具

壁の幅いっぱいにTV台をオーダーメイドで製作。
床面の奥行き感を損なわせないように、オーダーメイドのTV台を床から浮かせて設置。

メラミン樹脂で製作した扉は横一列に木目が通るよう合わせてあるので、違和感がなく高級感が出ています。オーダーメイド設計では、ラインを合わせる、木目を合わせる、左右対称にするなど高級感を出せるデザインが可能です。

TV台の壁面には調湿効果と高級感を演出するため、エコカラットを施しました。


間接照明でテレビを観やすく

エコカラットを引き立てせることと、テレビ鑑賞時目への負担軽減のためオーダーメイドTV台に間接照明を埋め込みました。TVの後ろに間接照明を設けると、TV画面と壁面との輝度差を軽減させることができ、テレビが観やすくなります。

間接照明の発光面が気にならないよう、TV台カウンター面より下に埋め込んであります。


配線類を隠せる設計

TV台にはTVは勿論、レコーダーやアンプなどのAV機器類が多く収納されます。機器類が多くなるほど配線も増え、処理に困ってしまいます。
そのため、すべての機器類の配線をTV台の内部で行き来できるように設計してあります。

コンセントもTV台の中に設置してあるので、配線は一切表から見えないようになっています。

TV台の扉はガラスなどを使用していないため、内部に収納した機器類へリモコン操作ができません。
そこで、機器類のリモコン受信部から配線を施し、小さな受信機と接続してその小さな受信機をリモコンが受信できるところへ目立たないよう設置しました。

工夫することでデザイン性と機能性を損なわせないよう設計してあります。

リビング リフォームプラン提案時3Dパース

リビング リフォーム前写真

家族が自由に過ごせる空間(ファミリースペース)

家族が本を読んだり勉強や仕事ができ、図書館のように自由に使える空間を設けました。

リフォーム前は1F玄関ホールからの吹き抜けだった部分を、リフォーム計画時に容積率がオーバーしないことを確認し床を造作しました。

2Fの子供部屋や夫婦の寝室の中心の位置にある為、行き来もしやすくなっています。扉などで区切られていないオープンな空間で、就寝前に第2のリビングとして使用できます。
また、間接照明で明るさと意匠性を確保し、エアコンも設置し、羽目殺しだった窓は風邪を通せるよう開放式の窓に交換したため、快適に過ごせる空間となっています。


床面に明り取り

造作した床面には1F玄関ホールへに明り取りのために、乳白の強化ガラスを埋め込んであります。ファミリースペースのアクセントになったことと、ファミリースペースの照明が点灯されているときは1Fの玄関ホールの天井部もアクセントとしてデザインされています。


おしゃれなコの字型のカウンター

オーダーメイドで製作した一体型のコの字型デスクカウンターにはコンセント、個々の照明スイッチ、LANが埋め込まれているためスッキリしています。

コの字型カウンターは高級感を損なわせないよう金物など使用せず壁面に埋め込んで取り付けてあります。


壁面に埋め込んだ収納

カウンター上部の壁面に埋め込んだオーダーメイドの収納は壁とフラットになっているため、邪魔な存在にまりません。

ファミリースペースに設けた便利な収納

オーダーメイドで製作した埋め込み収納。
扉を閉じていると壁とフラットになっているためすっきりとしています。内部は本棚として使えるようにしました。

埋め込み収納の隣のトール収納は、ファミリースペースでのくつろぎ時に、飲み物やコーヒーが飲めるように冷蔵庫とコーヒーメーカーを置けるようになっています。

動線にも配慮された空間

リフォーム前は吹き抜けだった場所に設けたファミリースペースは各部屋の中央付近にあるため、使用する際の動線的にも最適な場所です。

ファミリースペース リフォームプラン提案時3Dパース

2F ファミリースペース リフォーム前写真

リフォーム前は吹き抜けだった2F廊下の空間。

オーダーメイドのキッチンと食器棚収納

キッチンと食器棚&家電収納をオーダーメイドでデザイン。
シンプルかつ可愛らしくデザインしました。


隠せる収納がテーマ

家電やゴミ箱など可能な限り見えないように全てを隠したいというお施主様のご希望を基にデザインしました。
一見シンプルにできているので分かりませんが、ゴミ箱や食洗機が組み込まれており、家電類も収納できるようになっています。


デザインと機能性が考慮された素材をセレクト

扉やカウンターには木目のメラミン樹脂を使用。
メラミン樹脂は水にも強いので、キッチンのカウンターに使用しても問題ありません。

シンクは耐久性に優れたセラトレーディングのホーローオーバーシンクを採用。アクセントとなる水栓はGROHE製、IHクッキングヒーターはデザイン性の高い三菱製を採用。レンジフードはお施主様が一目で気に入られた、おしゃれなアリアフィーナのジリオ。食洗機は操作パネルが見えないpanasonic製。

その他、組み込みタイプのゴミ箱はドイツのHAFELE製、アイアン調の引き出しハンドルはKAWAJUN製、引き出しレールは耐久性と機能性に優れたオーストリアのblum社製を採用。


空間デザインとの融合

食器棚の吊戸棚の上部は、空間に余裕を持たすため天井部分に空間を設けて設置。リビングダイニング側から臨んだ時に食器棚より奥に天井が伸びているため、空間に広がりを感じることができます。


自分らしさを演出できるオーダーメイド

オーダーメイドで設計したキッチンやキッチン収納では、食洗機やシンク、コンロなどの機器類は一つ一つ組み込めるように設計するので、自由にセレクトしていただくことが可能です。
自分らしさを演出できるオリジナルのキッチンを家具のようにデザインできます。

オリジナルのオーダーメイドキッチン

オーダーメイドキッチンの収納と機能の紹介

オーダーメイドで製作したキッチンの内部詳細です。


[左]コンロの近くにスパイスラックとボトルラック

コンロキャビネットの一番端には調味料などを収めるボトルラックを組み込ました。コンロ回りの調理時に使用するスパイスなどを収納しておきます。


[中央左]調理器具を収める引き出し

魚焼きグリルなしのIHクッキングヒーターを採用したため、通常グリルになる部分も収納として使えます。コンロ回りで使用する調理器具を収納しておくと便利です。


[中央右]食洗機の存在を消しました

コンロとシンクの間のキャビネットには食洗機を設置。操作パネルが正面から見えないので、閉まっているときは食洗機の存在を消すことができます。


[右]ゴミ箱はスマートに収納

シンク下の引き出しはゴミ箱を連動させました。引き出しを閉めるとゴミ箱のフタも閉まります。インテリアの邪魔をしてしまうゴミ箱をスマートに隠した実例です。

オーダーメイドの食器棚 兼 家電収納の機能紹介

オーダーメイドで製作した食器棚&家電収納の内部詳細です。


[左]インナー引き出し(内引き出し)

引き出しの上段部は引き出しを二重にしたインナー引き出しにしました。細かいものはインナー引き出しに収納します。
インナー引き出しにすることで扉の数が少なくて済むためスッキリとしたデザインになります。


[中央]キッチンエリアで重要となるゴミ箱置き場

一番左の下段にはゴミ箱を組み込んであります。
キッチンエリアのプランでゴミ箱の置き場は重要なポイントになります。ゴミ箱置き場のプランを考えないと置き場に困ることになります。既製品のカップボードなどはゴミ箱用のスペースを開けてあるものが多いですが、一体感がなくデザイン性に欠けてしまいます。


[右]炊飯器を隠して収納できます

ゴミ箱収納の上段には炊飯器や電気ケトルなどの収納部を設けました。
閉まっている時は見た目には分かりませんがこちらのみ開き扉にし、内部の引き出し式のテーブルを引いて使用できます。
炊飯器など蒸気が出る家電を収納するため、テーブルを引き出した状態で使用します。引き出した状態で人の動線の妨げにならないよう、一番邪魔にならない端に設けてあります。
コンセントはキャビネット内部の奥に設置してあるので、抜き差しの手間かかかりません。

ゴミ箱と炊飯器置き場とは完全に区分されているので、衛生的にも問題ありません。

キッチン リフォーム前写真

1F廊下に設置したオリジナルの洗面化粧台

リフォーム前は脱衣室に設置されていた洗面化粧台でしたが、お子様が帰宅後脱衣室に入らず、すぐに手洗いができるように廊下へ移設。

カウンターはメラミン樹脂にてオーダーメイドで製作。陶器の洗面ボウルはカクダイ製、アンティーク水栓はマチルダのベルフリー クラシックを採用。メディシンBOXはサンワカンパニー製をカスタムして使用。正面ガラスモザイクは名古屋モザイクのニューヨーカーグラス。

あえて見せる洗面化粧台にすることで、廊下のアクセントとしてデザインされました。

ヴィンテージ感がおしゃれな洗面化粧台

2Fの洗面化粧台はデザイン性の高いサンワカンパニーのパティーナのビンテージグレーを採用。
洗面台壁面にはダントーのレトロモザイクを施しました。洗面台の裏には洗濯機置き場を設け、その奥には家族共有のウォークインクローゼット、一番奥の扉は寝室となっています。

2F 洗面化粧台 リフォームプラン提案時3Dパース

 

2F 洗面化粧台 リフォーム前写真


収納内部にネットワーク機器を集結

階段部分にはデッドスペースを利用して照明で演出したニッチを設けました。

チェッカーガラス入りの建具はダイニングへの出入口。

中央の収納内部にはお客様用のコートを掛けられるようになっています。また、各部屋へLANを配線してある為、こちらの収納にLANを集結させています。その為、モデムなどの通信機器類は全て、表の見えるところに置くことなく収納することができます。

階段は既存のままにし、蹴込み部分にはホワイトの化粧蹴込み板を貼りリメイクしました。

一番人目につく玄関をおしゃれに

玄関ホールのニッチ部にモザイク形成された天然石を施しました。奥のニッチはアーチ型にし、玄関ホール正面に存在感を持たせました。
それぞれのニッチには間接照明で演出してあります。

玄関ホール リフォーム前写真


タンスも入るウォークインクローゼット

2Fのウォークインクローゼット。
リフォーム前もあったウォークインクローゼットをより使いやすくするため、棚やハンガーパイプを設けました。

お手持ちのタンス等の収納キャビネットを利用できるようにも設計できますので、その場合棚板など枚数を省くこともできるので、コストダウンをすることも可能です。


入り口の開口部を改善して収納力アップ

リフォーム前のウォークインクローゼットの入り口は2枚の引き違い扉になっていたため、開口部が大きすぎて収納力に影響していました。
その為開口部を半分の大きさに変更して収納力を上げることにしました。


ウォークインクローゼットは一定の広さが必要

ウォークインクローゼットは人が入ることが出来るスペースが必要になります。

ある程度の広さを確保できない場合や、形が悪い空間の場合などは無理にウォークインクローゼットを造ると収納量が減ったり、収納しにくくなってしまう可能性があります。
その場合はウォークインクローゼットではなく、通常の部屋内から使用できるクローゼット収納とした方が使いやすさも収納量も確保できます。

ウォークインクローゼットを設けることが出来る広さが確保できるのであれば、収納力と使いやすさを格段に上げることが可能です。

最大限に収納できるウォークインクローゼット

一見シンプルで多くを造り込んでいないウォークインクローゼットの内部。多くの収納棚などを造り込んでしまうと、収納力が減ってしまう場合があります。

ハンガーパイプは将来的な衣類の増減を考慮し、脱着式になっていますので、パイプを取り外せば衣装ケースなどを置くことができます。ロングコートなど丈の長いコートなどを掛けるときにも便利です。

中央の3段の可動棚の下部はあえて空けてあります。お手持ちのタンスを収めることができます。タンスが不要になった時は簡単に可動棚を増やすことができます。


掃除機の収納にも配慮

コンセントが設けられている壁面はコードレス掃除機を壁掛け収納できるように壁面を補強してあります。そのためコンセントも高めに設置しました。

ウォークインクローゼット リフォーム前写真